自動車保険は保険料を払うから負担が大きい、自賠責保険に入っているから問題ないという方もいますが、自動車保険には必ず入らなければならない自賠責保険にはない大きなメリットがあります
1つには万が一の加害事故
における被害者への大きな賠償を確保できることです。

自賠責保険では死亡は3000万円まで、後遺障害は4000万円までケガは120万円までしか補償がなされません。

ケース

ですが、実際には億単位で賠償を求められるケースがあり、一般個人ではとても払えるお金ではありません。


しかし、自動車保険
の対人賠償保険なら最大、無制限での補償を確保できますので、支払い責任を負うご自身にとっても、被害者にとっても安心なメリットがあります。

2つめには対物賠償も確保できることが挙げられます。

自賠責保険は被害者の命や体に関する人身損害しかカバーされないため、相手の車両を壊したり、民家や店舗に突っ込んで建物を損壊したり、ガードレールや電柱を損壊して賠償を求められても保険金はおりません。

ですが、対物賠償保険で最大、無制限の補償を確保できます。

3つめとしてご自身の損害のカバーが受けられます。


自賠責保険は被害者
救済を目的にしているため、ドライバー自身の死傷や運転する車の補償は受けられません。

搭乗者保険や車両保険により、ご自身の損害もカバーできるメリットがあります。

http://jidousyahoken-koushin.com/