自動車保険の見直しでは必要な補償を減らして保険料を節約するのは危険

任意の自動車保険の保険料は、他の保険のプランに比べて高いことが多くなっています。


特に、若
い人が運転する契約では保険料がかなりの負担になることが少なくありません。

そのため、自動車保険の見直しをして保険料を安くできないかと考える人が大勢います。

自動車

ここで、自動車保険の場合の保険見直しでは、医療や生命系の保険プランのように事由が発生した時にもらえる保険金の額を少なく変えて保険料を抑えるのは危険です。


と言うのは、自動車任意保は、万が一交通事故を起こしてしま
った時に発生する、相手の方への賠償責任を補償するという大きな役割を持っているためです。


対人や対物賠償額を
抑えてしまうと、保険料は安くなっても万が一の時に相手に対する十分な補償を保険で得ることができず、大変な問題に発展してしまいます。


そのため、自動車任意保
険では相手に対する対人賠償・対人賠償補償については大型補償の無制限が基本で、賠償額をしっかり確保した上での保険料見直しが必須です。

では、どこで保険料を抑えるかというと、自動車保険には保険料を安くするための特約がいくつかありますのでそういった特約を活用するのがひとつの方法です。


保険料割引のための特約の代表が、運転者限定特約です


これは、
その契約の車両を運転する人の範囲を限定することでリスクを下げるものです。

誰も彼もが運転するよりは、決まった人しか運転しない条件にしておいた方が事故を起こすリスクは低くなりますからその分の保険料を安くするのが運転者限定特約の仕組みです。


運転者限定特約には
、本人限定・夫婦限定・家族限定の3タイプがあります。

運転する人の範囲が狭いほどリスクも低減されますから、この3つの限定タイプの中で保険料が一番安くなるのは本人限定です
もちろん、限定範囲の人以外が運転し
ていた時の事故は保険で補償されませんから、運転する可能性のある人をきちんとチェックして限定するのが大前提です。


また、夫婦限定の夫
婦は記名被保険者とその配偶者、家族は同居の親族と別居の未婚の子までというくくりがありますから、運転者限定特約を設定する際には続き柄についても確認が必要です。

さらに、自動車保険には運転者の年齢条件を限定する特約もあります。


年齢条件
限定は、何歳の人が運転していた時にその保険が使えるかを決めておく項目です。


条件は全ての年齢の
運転者を保険の対象とする全年齢補償・21歳26歳30歳以上の人が運転していた時をそれぞれ補償範囲とする21歳以上補償・26歳以上補償・30歳以上補償の4コースがあるのが一般的です。


この運転者の年齢制限は、運転する可能性
のある人の中で一番歳の若い人に合わせるのが鉄則です。

例えば、20歳の運転者がいれば全年齢補償にしておかなくてはなりません
ここで、その20歳の方一つ年齢を重ねて21歳になった場合、他に若い運転者が居ない時は全年齢補償を適用する事はなく、21歳以上補償で事故をカバーすることが出来ます
このような場合は、
運転者の年齢条件を全年齢補償から21歳以上補償に替えることで保険料を節約できます。

年齢条件の変更については契約更新時でないと変更手続きができないと思っている人が多いのですが、契約期間の途中でも変更は可能で、年払いで保険料を納めているのであれば、手続きをすることで差額の残り月分を返還してもらえるのが一般的です。

任意保険の見直しでは、運転者の年齢条件についてこまめに見直しをして一番若い運転者がカバーされるように年齢条件の変更手続きをすることも大きなポイントです
また最近では、車の用途や年間の走行距離次第で保険料が安くなる任意保険のプランも登場していますから、レジャー用のみであまり運転しないという方であればそういったリスク軽減型の保険プランを選ぶのもひとつの方法です。


絶対に損をしない引越し業者の選び方

万が一の賠償をカバーしご自身の補償や車両の補償も充実できる

自動車保険は保険料を払うから負担が大きい、自賠責保険に入っているから問題ないという方もいますが、自動車保険には必ず入らなければならない自賠責保険にはない大きなメリットがあります
1つには万が一の加害事故
における被害者への大きな賠償を確保できることです。

自賠責保険では死亡は3000万円まで、後遺障害は4000万円までケガは120万円までしか補償がなされません。

ケース

ですが、実際には億単位で賠償を求められるケースがあり、一般個人ではとても払えるお金ではありません。


しかし、自動車保険
の対人賠償保険なら最大、無制限での補償を確保できますので、支払い責任を負うご自身にとっても、被害者にとっても安心なメリットがあります。

2つめには対物賠償も確保できることが挙げられます。

自賠責保険は被害者の命や体に関する人身損害しかカバーされないため、相手の車両を壊したり、民家や店舗に突っ込んで建物を損壊したり、ガードレールや電柱を損壊して賠償を求められても保険金はおりません。

ですが、対物賠償保険で最大、無制限の補償を確保できます。

3つめとしてご自身の損害のカバーが受けられます。


自賠責保険は被害者
救済を目的にしているため、ドライバー自身の死傷や運転する車の補償は受けられません。

搭乗者保険や車両保険により、ご自身の損害もカバーできるメリットがあります。

http://jidousyahoken-koushin.com/